ブログ・ニュース

ニュース 2021年04月22日(木)
【ものづくりニュース】半導体不足は「ジャストインタイム」が生んだ弊害、TSMCが急所を握る自動運転車

半導体不足は「ジャストインタイム」が生んだ弊害、TSMCが急所を握る自動運転車
https://eetimes.jp/ee/articles/2104/21/news038.html

”クルマメーカーが苦境に陥っている原因は、ジャスト・イン・タイムにある。トヨタ自動車は、必要な部品を、必要な時に、必要な量だけ調達するジャスト・イン・タイムと呼ぶ生産方式を生み出した。この方式は現在、クルマメーカーだけでなく世界中の多くの産業にも採用されている。しかし、前工程と後工程の合計で、3~4カ月ものリードタイムが必要とされる半導体の調達に、ジャスト・イン・タイムを適用し続けてきたことが、今日のクルマメーカーの苦境に直結していると考えている。”

この記事にある通り、半導体不足による自動車業界への影響は大きそうです。ただ、トヨタ自動車はそれほど大きな影響はなさそうという見方もありますね。

半導体不足、耐えるトヨタ 供給網全体で在庫を4倍に
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFD14APX0U1A410C2000000/

”特に注目したのが半導体を中心とする代替が難しい品目だ。トヨタ主導で部品各社に一定程度の在庫の確保を求めることにした。半導体を含む重要な部品について、供給網全体で1カ月分の在庫を持っていたのを4カ月分に引き上げた。”

トヨタは東日本大震災を教訓に半導体に関しては在庫を持っていた様です。電動化、自動化が進めば進むほど、先端半導体の需要は更に多くなると思いますし、湯之上さんの記事にある通り半導体に関しては「ジャストインタイム」を改めていく必要がありそうです。