ブログ・ニュース

社員インタビュー 2019年09月13日(金)
社員インタビュー 深谷恭行

二児のパパとして仕事も家庭も頑張る深谷に人材紹介にかける想いをインタビューしました。


 

自らの転職失敗経験から、人材紹介事業の意義を実感


父がMRだった影響もあり就職活動時は営業を志望していて、最終的に近畿日本ツーリスト株式会社に入社が決まりました。

思いとは裏腹に配属先は旅行企画の部署でした。旅行のプランを自ら企画できるということもあり仕事は面白かったですし、2年目からリーダーを任されるほどの実績を出すことができていたのですが、4年目になったタイミングで転職を決意しました。

当時はまだ若かったこともあってそれほど深く考えて転職をした訳ではなく、漠然と「スポーツが好き」という気持ちを持っていて、それだけでスポーツトレーナーの職につきました。

転職後は早朝から深夜までひたすらトレーニングの補助をやっていました(笑)。前職とは違って同じ様な毎日が続く日々につまらなくなってしまって、「元々なんのために転職したんだろう、本来やりたかったことってなんだったんだろう」と考えて改めて転職活動を開始しました。

1回目の転職に失敗したと思っていたのでプロに話を聞いてみようとキャリアアドバイザーに会いに行きました。その当時はモヤモヤとした気持ちがあったのですが、キャリアカウンセリングを受けたことで自分の考えを整理できたんです。やっぱりプロはすごいなと感じました。

その方とお話をするうちに、元々やりたかった営業に再度チャレンジしようと考えたのと、自分の様に転職で失敗する人をなくしたいという気持ちが強くなって、転職支援、人材紹介のビジネスに携わってみたいと思うようになり、リクルートキャリアへ入社をしました。
 

お客様に教えてもらった人材紹介の価値


リクルートキャリア時代、法人営業として関西製造業領域の担当になった当初は全く実績が出せず悔しい思いをしたのですが、負けず嫌いな性格なので(笑)必死に努力して、徐々に結果を出せるようになりました。

あるとき当時の上司から関西の某大手メーカーを任せたいという話を貰いました。その企業様はちょうど海外事業が急成長している時期で、年間数百名規模の大型採用を私がご支援することになったんです。

企業様はあまり中途採用に慣れていないこともあり採用に苦戦していたのですが、私はこの企業様の魅力が求職者の方に伝われば必ず採用は成功すると信じ、お客様の元に足繁く通い、多くの社員の方と接点を持ち、誰よりも同社のことを知ろうと努力しました。

その想いがお客様にも通じたのか私が行う提案を次々と受け入れてくれて、結果として、中途採用が上手く行き始め、50名、100名とどんどん採用が決まったんです。お客様は非常に喜んでくれ、最終的には採用業務を私に任せたいと言って頂けるぐらいまでになりました。

以前は営業として売ることしか考えてなかったのですが、このときにお客様の為になることを心から尽くせば営業として信頼してもらえて、自然と実績もついて来るんだなと思って、そこから私の営業スタイルも変わりましたし、人材紹介は本当に価値のある仕事だなと思うようになりました。
 

製造業の人材紹介は面白い


長く担当していたからというのもありますが、やっぱり製造業の人材紹介は面白いですね。
メーカーのエンジニアの方々ってご自身が作っている製品に掛ける思いって本当にすごいんですよ。

面談の時にお仕事の話を聞くと、自分が作ってる製品を使うことによってこんな風にみんなの生活が便利になるからやりがいがあるんだよねと目を輝かせて説明してくれるんです。開発者だけではなく、コスト改善をやっている購買や生産技術の方、品質を高める為に日々努力している品質管理の方もそれぞれ色々な想いを持っているなと日々お会いしながら感じます。

こんな風にメーカーでは一つの製品を作るためにたくさんの技術者が熱い思いを持って協業しています。そんなメーカーに務めるお客様の未来が開けるようなキャリア選択のお手伝いをこれからもしたいなと思います。
 

リライトでやりたいこと



 

製造業で質の高い人材紹介サービスを顧客に提供している会社、そして、自身がメンバーとして顧客に向き合える会社ということでリライトに入社しました。

リライトの社員はみな想いを持ったメンバーばかりです。世の中には少し倫理観が不足している様な転職エージェントも存在すると聞きますが、リライトには当然そんな人はいませんし、皆がお客様の為に良い仕事をしたいと思っていて、私自身も日々楽しく仕事が出来ています。

リライトでやりたいことはたくさんあるんですが、その中でも最近注力しているのはスタートアップ段階の企業の採用支援です。

例えば専門知識を持ったミドル層のエンジニアの方って、創業間もないベンチャー企業にとってとても貴重な存在なんですよ。でも、なかなかベンチャー企業はそういう方にアプローチが出来ていませんし、個人の方も転職の選択肢として考えていないことが多いんですね。

私はそういう状況を変えて行きたいなと思って、日々新しいベンチャー企業の経営者や人事の方にお会いしています。素晴らしい企業様ばかりなので、優秀な人材をたくさんご紹介し、企業の成長をエージェントとしてお手伝いしたいなと思っています。
 

休みの日は自然に癒やされながら、リフレッシュしています


去年からサーフィンにはまりました。波に乗ることってすごく難しいんですよ、波は一つ一つ違うんですよね。すごく奥深いです。自然は強いなと感じます。もともと大学までずっと野球をやっていたので、太陽の下は好きなんです。

また、二人子どもがおりまして、上が娘なのですが、勉強は算数と理科が好きで、科学や宇宙博物館などに行ったりよくします。将来は今流行りのリケジョになるのかもしれません。将来は困っている人の役に立つ仕事に就いて欲しいと思っております。