ブログ・ニュース

採用支援事例 ブログ 2018年05月07日(月)
適切な要件定義をすることによりスムーズな採用が実現できた事例

弊社にお声がけ頂いた経緯

自動車部品メーカーにおいて生産管理、購買部門の管理職をそれぞれの部門で1名ずつ探していたが、どのエージェントからも該当候補者の推薦が無かった。若手メンバーの増員はある程度上手くいっていたが、管理職となると企業様の採用基準も高く、エージェントからも諦めの声が聞こえてくるような状況であった。
 

弊社からのアドバイス

・改めて要件定義を行い、採用責任者の要望を言語化すること
・それを基に主なエージェントに対して求人の説明を実施すること
 

結果

・弊社に依頼頂いてから1週間後にご紹介した候補者にて求人充足
・また他エージェントからも採用ターゲットに近い紹介が増え、3ヶ月で全てのポジションを充足することができた
 

担当コンサルタントより

現在の転職市場における自社のポジションに合わせた求人の要件定義は非常に大事です。私を含め、弊社のコンサルタントは業界や職種に熟知しているため、マクロな視点からお客様のニーズに合わせた適切な要件定義ができます。これにより安易なターゲット変更ではなく、求めるべき採用ターゲットを定めることができ、今回の様に採用活動を円滑に進めることが出来るようになります。